無料体験はこちらから

64754 Views

About the Program

達人設計について

2025年建築基準法改正(※)に伴い、意匠設計者にも構造計算業務が求められる状況が想定されています。 これを踏まえ、構造設計者のみならず設計者全体を対象とした、2階建て木造在来軸組工法用の構造計算プログラム「達人設計」が開発されました。 新しいコンセプトのもと開発された「達人設計」で設計の新しいステージに立って下さい。
国交省ウェブサイト R4年改正(建築物省エネ法・建築基準法等)

Feature of the Program

達人設計の特徴

1. 多数の入力支援機能を搭載

  • 一通りの樹種、断面などをテーブル値として持ち、デフォルトで部位ごとに樹種、断面を設定済みなので、構造計算に不慣れな方でもすぐにCAD入力に進むことができます。
  • 樹種、断面などはユーザー定義することも可能です。

2. 構造計画支援(構造グリッド、架構3Dビューワー)

  • 構造グリッドを意識した合理的設計=優れた構造安全性と低コストの両立が可能
  • 具体的には、構造グリッドと架構3Dビューアーを活用することにより、作業効率よく直下率が高い部材配置が可能になるので、部材数の削減やシンプルな基礎配置が実現できます → 合理的設計

3. OSに依存しないウェブアプリケーション(Windows、MacOS、UNIX、…)

  • 達人設計はウェブブラウザ上で動作するプログラムです。プログラムのダウンロードやコンピュータへのインストール作業は不要です。
  • ウェブブラウザが動作し、JavaScriptが有効な環境ならば、達人設計が使えます。 すなわち、構造計算ソフトで主流のWindowsだけでなく、MacOS、UNIX等様々なOSでお使いいただけます。
  • プログラム本体はインターネット上のサーバにあるので、常に最新のプログラムをお使いいただけます。
  • ユーザーのコンピューターにはプログラムをインストールする必要がないので、ハードディスクなどのリソース(記憶容量)を消費しません。

4. 2025年省エネ適合基準対応(準備中)

  • 部位ごとに標準的な仕様テーブルを用意し(ユーザー定義も可能)、簡単な入力作業で省エネ性能を判定できるようにします。

5. 立体フレーム解析による応力・変形計算

  • 現在主流の木造建物の構造計算プログラムは、鉛直支持材(柱、耐力壁)の部分で上階の梁が切れている(実際の梁が柱等をまたいで1本だったとしても、柱等の位置でピン構造として) ものとしてモデル化していますが、達人設計では鉄骨造やRC造の構造計算プログラムと同様に、実際の部材と同じ長さの部材としてモデル化します。 このことにより、柱等の位置でピン構造として計算するよりも、実態に近く、また、より合理的な部材選定が可能です。

6. 年間ライセンス契約なのでローコストでスタートアップ可能

  • プログラムを1年間使用することに対するライセンス契約となります。
  • 年間ライセンス料など、ライセンス契約の詳細については現在調整中です。

操作マニュアル

達人設計 操作
マニュアル